リンパマッサージは痛いですか

お知らせ

こんにちは。

岡山リラクゼーション タッチです。

今日の岡山は久しぶりの晴天(^^)/

天気がいいとブログを更新したくなるこの頃。しかし真冬の気温に対応するのに大変な時期でもあります。

体温が低くなり、どーしても血流が悪くなり女性の体は冷えやコリなどの症状が出やすい時期とも言えますね。

さて、最近こんな質問をいただきます。

「リンパマッサージって痛い」と聞きますが、痛いですか?

そうですね、痛いと感じる方について何故痛みを感じるか説明いたします(^^)

簡単にお答えすると、体に老廃物が溜まっているからなんですね。

リンパマッサージが「ほどほどに痛い」「場所によって痛い」という場合は、老廃物が溜まっているからという理由があります。

老廃物が溜まると体内で不調が起こり、痛みを感じやすくなるからです。

リンパ管は「体の下水道」と言われ、細胞から出たいらないゴミ(老廃物やウイルス、ガン細胞など)を受け取って流しています。

※老廃物の量が増えて溜まってくると、リンパ管や血管の流れが悪くなって細胞の活動が衰え、冷えて固まるようになります。

その代表的な症状が、皮膚の表面がボコボコするセルライトです。セルライトは脂肪と老廃物が固まってできると考えられています。

セルライトは一度できてしまうと消すのが難しく、固まりなのでマッサージをするとかなり痛いです。

また、こりというものも同じです。運動不足やストレス、疲労などから老廃物が溜まった結果、リンパ管や血管の流れが悪くなって起こります。

こちらも筋肉が固まっているので、マッサージをすると痛みを感じます。

さらに老廃物が溜まって細胞が弱ってきていると、少しの力で毛細血管や毛細リンパ管が切れてしまいます。

皮膚も乾燥して弾力がなくなっているので、刺激に弱くなっています。

老廃物が無くなり、リンパや血液の流れが良くなれば、細胞が活性化して筋肉や皮膚も柔らかくなってきます。

柔らかくなれば、痛みは感じづらくなります。

このように、老廃物が溜まるとさまざまな不調が起こり、痛みを感じやすい状態になります。

とはいえ、老廃物が溜まっているとしても「ほどほど痛い」「場所によって痛い」程度です。

いかかでしょか?

筋肉が固たかったり、老廃物が溜まっている部分は少し痛みを感じる方がいらっしゃいますが、リンパを流していると解れてきますので痛みは無くなってしまいます。

また力加減などは、セラピストさんの腕しだいと言う事もあります。必ずマッサージ中に力加減の確認がありますので安心して、マッサージを受けてくださいね(^^)

最後までお読みいただきありがとうございます。

岡山リラクゼーションタッチより。